げっぱでいこう 

アクセスカウンタ

zoom RSS すずめの学校

<<   作成日時 : 2007/04/22 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 なぜか家の庭にあるドウダンツツジが、雀たちの集会場になっていました。それほど大きな木でもないのに冬の間の日中は50羽近い雀が留まってて、まるで雀の成る木のようでした。
夜になるとどこかのねぐらに帰るみたいです。 人の姿を見ると蜘蛛の子を散らすように逃げてしまうのでなかなか写真は撮れません。 春先になってだいぶばらけました。

画像

まんなかのヒヨドリが先生かな〜?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
スズメちゃん達もカラスのようにねぐらに帰るのでしたか。
定点でそ〜っと待って撮るしかないのでしょうか?
ハイチーズって。集合写真撮れたらいいですよね。
でもどうして?ドウダンツツジなんでしょうね〜〜
スズメ、結構好きです(笑
マイ公園でカワセミを捉えました(写真)
彼♂はじ〜としててくれますから静止画像はまぁまぁ〜です。
あちらへのコメントもありがとうございました。
nobara
2007/04/23 18:07
花の名前のコメントありがとう御座います、くわしいですな、からすの寝床をみつけるとは、鳥好きは、静かさをもっているようですね、さすがです、うちの近所ののら猫は、ごくたまにすずめつかまえては、腸くってますよ、猫も静かさ極めてますね、では、ではさようなら。
ふーま小太郎
2007/04/24 10:44
お寄り頂きコメントを有難う御座いました。
雀も沢山集まると賑やかだったでしょうね。
一番うるさいのが、雀の「おまっちゃん」だったりして
ヒヨドリ先生の言う事は良く聞いていましたか
私の近く、街中でも結構雀は居ります。
花咲か爺
2007/04/24 15:22
nobaraさんこんにちは。 なぜ集まるかを考えると、うちのドウダンツツジは1.5mぐらいあって同種の中では比較的に大きいです。
すぐ傍の葦の茂る原っぱが吹きさらしで寒く、葦の足元は雪でそこに長くいられない。で、風避けの影でなおかつ朝日が射すもんで ここに集まるんだと思います。雀はかわいくって見ていて飽きません。烏は糞害に憤慨してます。カワセミは横浜の菊名池公園でおさかな咥えたところを撮りましたよ。これからもよろしくおねがいします。
ちゃた
2007/04/24 22:32
ふーま小太郎さん こんにちは
傍には結構猫もたくさんいるのですが、どうも運動不足の気がするなぁ。
いつものた〜としてます。反対に小鳥たちは逃げ足ちょ〜早いです。視線が合っただけで逃げられます・・・しくしく。
ちゃた
2007/04/24 22:37
花咲か爺さん こんにちは。
秋田に帰って来て良かったのは 早春に、クォーンクォーンと鳴きながら白鳥の20羽位の編隊が次々と頭の上を通ってくのを見れたことかなぁ。
所要で秋田市に行く途中に秋田大橋で飛び立つ白鳥と併走したのは、「ニルスのふしぎな冒険」みたいで、なんか感激しました。
こちらで意外なのが土鳩がまったくいません。だもんで雀がおおいばりです。ヒヨドリとムクドリはたまにみかけます。きのう部屋で寝っ転がってたら、「ケッキョ・ケキョキョキョ」「特許許可局?」と鳴き声が聞こえ、窓を開けたら逃げられました。どうやらホトトギスもいるみたいです。
ちゃた
2007/04/24 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
すずめの学校 げっぱでいこう /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる