げっぱでいこう 

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋田観光めぐり その2初日 角館・刺巻・田沢湖・乳頭温泉編

<<   作成日時 : 2007/05/02 03:10   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 2

12:00 小腹がすいたな〜と思いつつ、駐車時間が迫ってきたので、角館を後にして次に抱き返り渓谷へ。
滝まで連れてこうと思ったら、友人Rは、歩きたくないとのこと。なんとダジャクな・・・。
次なるお目当ては入り口の売店の「わさびソフトクリーム」・・・ここのは日本一辛くね〜?静岡で食べたのも薄い浅葱色のソフトでちょい辛だったけど、ここのはねりわさびと同じ色してます。前に食べたときは「うひゃ〜」とのけぞりました。 かなり刺激的だけどんまかったす。お店の人は「かなり辛いですよ〜、大丈夫ですかぁ?」と念押しして出してくれました。
この店は26種類のソフトを日替わりで10種くらい出してて、(ソフトクリームのサーティワンかいっ)今回はありませんでした。ん〜残念・・・。
しょうがないんで炭火で焼いたあべかわをでっかくしたようなお餅をたのみましたが、んまかったす。お茶がサービスでついて来るのは秋田だね〜。お店の人から「抱き返りに来たとんでも観光客」のエピソードなんかも聞けて面白かったのでした。

画像

入り口で帰った抱き返り渓谷 
GW終り頃は山桜も咲き出し華やかになります。 紅葉の頃が一番景色がいいかな?

画像

河原の砂礫の中に、しっかりとすみれが咲いてました。

次は、国道46号線を北上して、刺巻の水芭蕉群生地へ。

画像


画像


画像


画像

カタクリの群生 西木村は もっとすごいみたいですが・・・。

画像

カタクリとキクザキイチゲ

画像

キクザキイチゲ

画像
キクザキイチゲの群生


画像

アズマイチゲ・・・補足:KATTさんよりニリンソウとの指摘がありました。
(私の中ではニリンソウは一つの茎から蝶の触覚のようにペアになって寄り添って咲いてる感が強かったのですが・・・) ニリンソウは1〜3本の花をつけるようです。見分け方のポイントは、葉に葉柄があるのがイチリンソウ、無いのがニリンソウだそうです。勉強になりました。


画像

ザゼンソウ なかなか数が少なく10株程度しか見つけませんでした。

画像

駐車場の傍らの木は跋扈柳かな?10m近い背丈でした。

刺巻の水芭蕉群生地は入場無料で、寄付金によってまかなわれています。立ち寄ったら募金協力お願いします。

次は田沢湖へ
画像

たつこ像と駒ケ岳 ・・・46号で行くと、ちょうど対岸あたり・・・遠かった。

画像

日本一深い湖で(水深423m 東京タワーすっぽりでんがな)湖面は美しい色合いをしてました。 しかし国のばかげた施作によって固有種のクニマスが絶滅しちゃったんだよね・・・。

田沢湖はなんでこの湖が出来上がったか、未だに謎なんだそうです。
たつこ像で記念写真をとった後、田沢湖をぐるっと一周して、乳頭温泉へ
(乳頭温泉よりもっと近くの水沢温泉が穴場だとBEST1・2・3で言ってましたね)

画像

宿泊した休暇村田沢湖高原の窓から 夕焼けと白樺林
蟹場温泉と黒湯温泉に浸かってきました。
休暇村は、乳頭温泉郷のちょうど真ん中辺りで、温泉めぐりするには絶好のロケーションでした。黒湯や孫六は駐車場の確保が大変そうでした。
食事はビュッフェスタイルで、あんまり期待してませんでしたが、案に反して「すげぇ〜うまかった」です。 この日はきりたんぽなべも出てました。 私は久々の外食だったので、洋食メインにしました。 湯めぐりしたかぎりでは、旅館設備はもっともハイカラで、快適でした。また来たいな〜。
角館で買った秀よし桜の舞を飲み、 夜9時位に 爆睡・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安心できるビジネスホテル
ビジネスホテルのクチコミ ...続きを見る
ビジネスホテルの口コミ、集めました。
2007/05/02 11:17
北海道の中でも駒ケ岳は火山で有名です
北海道駒ヶ岳(ほっかいどうこまがたけ)は、北海道森町、鹿部町、七飯町にまたがる活火山。標高1,131mの美しい成層火山であり、渡島半島のランドマークとなっています。蝦夷駒ヶ岳(えぞこまがたけ)、渡島駒ヶ岳(おしまこまがたけ)、或いは単に駒ヶ岳とも呼ばれています(他の駒ヶ岳については駒ヶ岳を参照)。地質は安山岩質であるが、軽石などの火山砕屑物を大量に噴出する特徴があり、山体の周辺に厚く堆積しています。噴火活動自体は、4~5万年前から断続的に行われてきたと考えれられています。長年... ...続きを見る
北海道、札幌からの旅情報
2007/05/06 15:56
東京の温泉の特徴 〜 化石海水と黒湯 〜 【日帰り温泉情報バンク】
東京の温泉の特徴 〜 化石海水と黒湯 〜ここ数年で急に、東京都内に温泉施設増えましたが、火山の無い東京でどうしてこんなにあちこちで温泉が出てくるのでしょうか?東京の温泉(主に23区内)のほとんどが「ナトリウム強化塩泉」で、なめるとしょっぱいのですが、これは「... ...続きを見る
日帰り温泉情報バンク
2007/06/14 13:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「キクザキイチゲの群生」・・・は誤りです。
ニリンソウでしょうね。早く訂正した方がいいですよ。
katt
2007/05/07 03:29
kattさん こんにちは はじめまして
ご指摘の「キクザキイチゲの群生」はキクザキイチゲで9割方まちがいありません。
 たぶん ご指摘は、その下の写真の「アズマイチゲ」を指しているんでしょうと解釈しました。
 こちらは、右端のつぼみを見るとニリンソウの可能性大ですね。 ただ左側は一厘ずつバラけて咲いてる感じもするので、現在判断保留です。
ちゃた
2007/05/07 09:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋田観光めぐり その2初日 角館・刺巻・田沢湖・乳頭温泉編  げっぱでいこう /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる