げっぱでいこう 

アクセスカウンタ

zoom RSS 子吉川の河原のおさんぽ

<<   作成日時 : 2007/05/26 02:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

先日 子吉川の河川敷にある、せせらぎ公園へ行ってきました。

まず驚いたのが、公園の案内板、 入り口 および 駐車場の誘導案内板が 一切ありません。 入り方を知っている人以外来るなということでしょうか。
 飛鳥大橋そばの、ひかり幼稚園へ向かい、すれ違いもできない細い砂利道を通って
ようやく駐車場を見つけました。・・・堤防の細い舗装道路はサイクリングロードではなく、車も通行可のようでした。 これで市の公園・・・ありえ〜ん。
 
子吉川の殆どの岸辺は護岸コンクリートブロックでガチガチに固められていました。
どうやらビオトープって言葉を知らないらしい。岸辺の葦原も撤去された状態で どうやってトンボが羽化できるんだろう? 着いたそうそう暗澹たる気持ちになりました。

河口から約3km、最後の支流芋側との合流地点です。 もちろんせせらぎなんかある訳ありません。 なんかイベントでもあると開くのか、実験水路を せせらぎとみなして命名したようです。 
 のっけから、う〜〜ん だったのですが、「ぎょぎょぴーぎょぎょぴー ぴぴぴぴー」とかなり
けたたましい鳥の鳴き声が聞こえました。

画像

・・・と 遠い・・・。バードウォッチングには不向きなカメラ (T_T)

ことりのさえずりさん
で、鳴き声を照合した結果、たぶん オオヨシキリではないかと思います。

鳥が止まってた樹を見ると、キブシの花に似た感じの花の房が垂れ下がってました。
画像

ヤシャブシかダケカンバかな とりあえずカバノキの仲間。

画像


画像

菜の花を 少し小さくした感じ イヌガラシあたりかな


画像

画像

私の好きなコメコメクラブ〜 もとい、米粒詰草 (こめつぶつめくさ) マメ科シャジクソウ属 。
(日本文芸社の草花図鑑ではシャクジソウ属になっておった・・・たのむよ〜図鑑なんだから)

画像

米粒を見た後は、やたらでっかい・・・赤詰草。
い・・・いかん、普通の白詰草の花を撮ってくるのを忘れてしまった。
画像

昨年、横浜で撮った 赤の入ったシロツメクサ。

しっかし ここは凄い。 米粒詰草はざっと見1000株以上、公園全体で一万ぐらいあるかもしれません。 詰草はあと紅花詰草があればカンペキ。ストロベリーキャンドルともいうそうです。一度生で見てみたいなぁ。

画像
ヘラオオバコ全体像

画像

可憐なきゅうりぐさ ムラサキ科キュウリグサ属

画像

ムラサキサギゴケ ゴマノハグサ科 
 上側の花びらのすぐ下の白い円がめしべです。 ここをそっと触るとめしべの先端が閉じるそうです。 トキワハゼや ノウゼンカズラでも観察できますよ。

画像

からすのえんどう すずめのえんどうや かすまぐさも そばにいないかと探しましたが見つかりませんでした。 10円玉の直径は2.4cm簡易メジャーです。

画像

ムラサキハナナ ショカッサイだぁ。 アブラナ科 合田草よりは淡いムラサキ色です。 浜大根でした〜しくしく。

画像

ヒメスイバ タデ科

最初は、「けっ」でしたが、あまり手入れされすぎてないのが幸いして十分雑草観察を楽しめました。(*^ワ^*)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
自然公園を自然に近い形で保つとなると、手間隙も費用も掛かります。ガッツリ護岸にでもしてしまえば後が楽なのかも知れませんね。もっと自然と触れ合える環境を、と言うと美しげですが、本気でそう思ってる人が果たしてどれだけいるのか?例えば、市民の憩いの場なのだから膨大な維持費のごくごく一部を市民が負担、ってな事になれば、「俺はそんなトコ行く気ないから払わんっ!」と言い出す人が多いのは目に見えてます。みんな、自分の手は汚さず、楽をして、気が向いた時にだけ、自然と触れ合いたがっているのではないでしょうか(常時自然の中に居たい訳では決してない)。その程度の意識(ブーム?)で、一時的に自然公園造っても、すぐに飽きてしまうでしょう。ビオトープも人が手を出した以上完全に放りっぱなしという訳にも行かないんじゃないでしょうか … 人間は何もせぬのが一番自然の為になるんじゃないかと思える昨今です(苦笑)。
Akira
2007/05/27 00:47
公園も色々あって、庭園のように美しく手入れしてある公園もあれば、今回ちゃたさんが行かれたような野放しの公園も確かにありますね。私は両方大好きです。人の手の入っている公園は、普段見られない植物が植えてあったり、広い芝生の上でのんびりお弁当をひろげたり・・・。野放しの公園は、思わぬ出会いがあって心がルンルンになります。職場近くの市営の小さな公園も野放しで、只の通り抜けの広場のようになっているので誰も行こうとしませんが、今年キンランを2本見つけました。
私が携わっている里山は、いずれ自然博物公園になるのですが、どんな形で自然を残していくのか大きな課題になっています。現在は動植物の生態調査中です。人の手が入らなければ守れない植物が多いのも現実です。
ハッチの花散歩
2007/05/27 23:03
Akiraさん こんにちは
この地に立ったのは、小学校の頃カブト虫を捕りに来て以来なので40年ぶりになります。
 ちっちゃい頃の風景とは あまりに様変わりしてて、ぼやきが出てしまいました。
 でも川っぺりの湿地や葦原を全て無くしてしまったというのは誤った選択と思えてなりません。
ちゃた
2007/05/28 01:47
ハッチさん こんにちは
故郷の私の原風景は 殆ど無くなってしまいました。昔は家の前をせせらぎが流れ、夏には蛍が飛び交ってましたが、今はコンクリートのドブ板に変わり、蛍はおろか蛙の鳴き声さえ聞こえません。バッタを捕まえた野原は無くなり、カブトムシを捕りに行った河原は大幅に雑木が無くなっていました。
 現在進行形で里山が行政によって壊されています。(日に10人使うか判らない赤字確実の高速道路建設するんだと、効果の良く判らないダム作るんだと バブル時代の設計図に従ってせつせ、せっせと壊してます。)
 首都圏の住民の方が自然の大切さを知ってる気がします。
ちゃた
2007/05/28 02:20
最後の写真。
亀さんのお昼寝かと?
マジで見ましたY。ぁははは
14番目、また、異を称えるようで
悪いんですが・・・
花の質感と茎の様子から
多分。ハマダイコン かと。(モジモジ〜^^;
ムラサキツメクサ・・なぬ?
シャクジってなってるの?
ソレって教えてあげた方がいいんでない?
マイパークは結構自然のままだから
歩いていると色んな発見があります。
手入れする予算がないのかなぁ〜^^;

nobara
2007/05/29 18:09
nobaraさん こんにちは
わはは(^o^;)ヾ またしくじりました。浜大根ですね。
今日はもっと上流側を散歩してきました。
こちらはまだ護岸工事はされていませんでした。ほっ。途中の農道で、この記事の花達全部に出会ってしまいました。
ちゃた
2007/05/30 01:44
こんにちは。コメントありがとうございます。
野の花探しは、やりだすととまらないですよね。今まで気にも留めなかった草に、思わぬ可愛い花がついていたりして…。
また、お邪魔させてくださいね。
おばブー
2007/05/31 09:14
おばプーさん いらっしゃいまし〜。

私もぽんぽこさんと同じく、タデ科が大好きです。 マクロな花たちは全般に好きですね〜。
はい、お待ちしております。またいろいろネタ探しておきます。
ちゃた
2007/06/01 18:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子吉川の河原のおさんぽ げっぱでいこう /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる